会長方針

会長方針


大府ロータリークラブは2003年4月10日に設立されて以来、「奉仕の理念の実践」と「会員相互の親睦」を大きな柱として活動し本年で15周年の節目を迎えます。
クラブを支えて来られた諸先輩や現在の会員の方々を含む多くの関係者へ、心から敬意を表しますと共に感謝申し上げます。本年度、微力ながら会長という重責を仰せつかり、改めて身の引き締まる思いです。皆様のご協力をよろしくお願いします。

本年度のRIテーマは、「変化をもたらす」ROTARY :MAKING A DIFFERENCEです。これを受けて地区方針「今日からのロータリーを楽しもう!」が、掲げられました。
今年度は大府ロータリークラブ創立15周年の節目であると共に、当クラブとしてはガバナー補佐並びに分区幹事を輩出する年度でもあり、2760地区との連携を更に深めることも大切なことです。
ロータリークラブ活動の原点「職業及び社会生活における、奉仕の理念の実践」は、当クラブ設立以来大切にされてきました。しかし、この原点を基本にしながらもその時代の変化に応じて進化することが必要不可欠です。 時代に適応し持続可能でありながら、地域のニーズを的確に把握しクラブ外における認知を広めることで、地域社会への貢献も深くなり、良きリーダーとなることが出来るのです。
以上の事をふまえこの1年間、大府クラブではRIテーマと2760地区方針に沿ったクラブ運営に努めたい、と考えています。

また、次の5つの項目を重点目標と致しましたので、皆さまのご協力をお願いします。

重点目標
1.創立15周年事業の実施
2.会員増強(5名以上、うち女性会員1名以上)
3.IMの実施とWFFへの参画
4.ソーシャルネットワークを活用した積極的な広報活動の推進
2. 2760地区との連携強化(ガバナー補佐・分区幹事の完全バックアップ)